製品案内

鋼管製造

スエージング・絞り

《スエージング加工》

《スエージング絞り製品例①》

《スエージング絞り製品例②》

《スエージング加工》

《スエージング絞り製品例①》

《スエージング絞り製品例②》

ステンレス等の精密パイプ(プレシジョンパイプ)は、各種ディスポーザブル医療機器やインクジェットプリンター用の中径・小径パイプの製造に活かされています。

●絞り加工(ドローイング)

絞り加工とは、パイプなどの外径を縮小したり(絞り)、テーパー(勾配)を付けたりする加工法です。加工可能なステンレス精密パイプの外径(a)はφ1.0~6.0mmですが、(b・c・d・e)については、パイプの肉厚やご要望公差により異なりますので、お問合せください。

●スエージング・尖頭加工

スエージング・尖頭加工とは、ステンレスパイプ先端部を針状に絞る加工で、この工程の後、尖頭研磨(ポイントポリッシュ)へ引き継ぎます。加工可能なステンレス精密パイプの外径(a)はφ1.0~6.0mmですが、(b・c)についてはパイプの肉厚やご要望公差により異なりますので、お問合せください。

©2018 TOCHIGI SEIKO Co.,Ltd.