製品案内

医療機器製造

穿刺針・注射針・極細針・薄肉針

《切皮針》

《ポート用針》

《薬液吸引・注入針》

《美容整形のプレフィルドシリンジ注射針》

《切皮針》

《ポート用針》

《薬液吸引・注入針》

《美容整形のプレフィルドシリンジ注射針》

穿刺針・注射針・極細針・薄肉針は、バックカット後の刃面処理・バリ取り加工など弊社の誇る、精密パイプ製造技術を基に製造しております。生体適合性を要求される医療用グレード成形品との接着を行い、引き抜き・剛性・刺通抵抗などの厳重な各種検査の後、滅菌状態で出荷しています。

●穿刺針・注射針

注射筒に本品を装着し、そのまま皮下や血管または回路への薬液投与する際に用いられます。従来のサイズに加え、さらに微細径のΦ0.30・Φ0.28・Φ0.26を実現しました。中でも、最小径の外径φ0.26は、20g程度の針通力量で刺通することができます。外径の微細化により、皮下刺通抵抗の軽減を図ることが可能です。

●極細針・薄肉針

美容整形用針などとして用いられます。シリコン・ヒアルロン酸などの高粘度流体の注入をスムーズにするため、極細で且つ内径が大きい(=薄肉)であることが特徴です。上部写真にあります、プレフィルドシリンジ注射針は予め薬液が入った注射器用の針です。左から30G・31G・33G・31G shortとなっております。美容整形における作業効率を高め、容器からの移し替え事故を防ぎます。

©2018 TOCHIGI SEIKO Co.,Ltd.