製品案内

鋼管製造

溶接・ろう付け・圧入

《溶接例》
上:溶接後バフ研磨
下:スポット溶接直後

《ろう付け例》

《圧入(カシメ)例》

《溶接例》
上:溶接後バフ研磨
下:スポット溶接直後

《ろう付け例》

《圧入(カシメ)例》

弊社では、スポット溶接・ろう付け・圧入などの接合技術を駆使して、様々なステンレス精密パイプ製品を製造し、お客様のご要望にお答えしております。

●スポット溶接

精密パイプにおけるスポット溶接は、板金のスポット溶接と異なり、パイプの端部を閉鎖する工程をいいます。電極から、アルゴンガス入りのパイプ先端に電気を流し、その際生じる抵抗熱でパイプ先端を溶かして接合する抵抗溶接の一種です。溶接時間が短く生産性が高い溶接法です。

●ろう付け

ろう付けとは、各部材(母材)間に、それらの金属よりも融点の低い合金(ろう)を溶かし、流し込んで接合する方法で、ろう接とも言います。お客様から、当社のろう付け跡は「フラットでとてもきれい」といつもお褒め頂いております。

●圧入(カシメ)

圧入とは、太いパイプの内径に細いパイプの外径を合わせ、圧力を掛けて挿入するなどの接合方法です。金属を溶かす等しないため、生産性が高い生産性を実現する技術です。

©2018 TOCHIGI SEIKO Co.,Ltd.